転職活動で大切なことはスケジュール感!

転職活動で大切なことの一つに「スケジュール感」があります。このスケジュール感は仕事をする際でももちろん必要なものですよね。転職活動になってくるとさらにこのスケジュール感は大切になってきます。
なぜ大切なのかというと一つ目は転職活動を効率良くスピーディーに行うためです。転職活動は締め切りやいつまでにとうゴールはあらかじめ決まっているものではありません。全て自分で設定しなければならないのです。退職後に転職をするでも就業中にするでもこれは同じことです。終わりを決めておかなければだらだらと転職活動を続けることになってしまい転職するのも面倒になってきてしまいます。どうならないためにもスケジュールをしっかりと決めて把握しておくことが大切です。
そして二つ目は面接などのスケジュール調整をしっかりと行わなければならないからです。仕事でも商談や会議など決められた時間に取引先に行ったり会議室に行ったりしますよね。それと同じで転職活動も面接や書類選考の日にちをしっかりと把握して遅刻したり忘れてしまうことのないようにしましょう。意外にも面接に遅れたり忘れたりするする人が多いと聞きます。その原因はやはり仕事との両立です。退職後に転職活動をする場合も時間がありすぎて面倒で行かなかったり忘れてしまう危険性もあります。
そうならないためにも常にスケジュールを把握しておきせっかくの転職の機会を逃さないようにしましょう。コツは一週間にたくさん面接や書類選考の提出締切等を設けないことです。よく早く転職したくて一日に三回も面接を入れたりとにかく書類に追われたりという転職活動の方法を行う人がいます。しかしそれは逆効果です。面接の時間が把握できなくなり遅れたり忘れたりすることが多くなってしまいます。適度な頻度で自分の時間に負担がないくらいにスケジュール調整をしましょう。
転職活動はもちろん面接での話術や今までの経歴などでも成功できるかどうか左右されます。しかしそれだけでは転職活動はうまくいきませんスケジュール感をしっかりと持ち気持ちに余裕をもたせた状態で転職を勧めましょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉の医師の転職|エージェントおススメTOP3

PM2,5による九州地方の農作物汚染

“PM2,5による大気汚染が深刻な状況が続いています。特に九州の福岡では視界が悪くなるほどPM2,5の濃度が高い日が続いています。PM2,5は超微粒子なので肺などの呼吸疾患にかかる可能性が増します。その健康被害は甚大です。PM2,5対応マスクもありますが、密閉率が高くて呼吸が苦しいという難点があります。またPM2,5は人間の呼吸疾患だけではなく土壌汚染や農作物の汚染の原因になっています。
PM2,5が日本に降り注ぐことによって北九州では農地の土壌汚染がすすんでいます。また農作物の上に直接PM2,5が降り注ぎ付着して硝酸性窒素過多の農作物が増えています。野菜を購入する側としては少しでも安全な野菜をと思うと他の産地を選ばざるを得ません。PM2,5に対しては最近の物質なので長期による健康被害のデータ、農作物の被害のデータなどが全くないのが現状です。野菜の出荷もPM2,5に対して調べるといった対策すら取られていません。きちんとしたデータで九州地方の野菜の安全性を示さないと風評被害が出る恐れがあると思います。
日本政府はPM2,5を発生させている中国やインドと国レベルの対話と対策を早急に進めて欲しいと思います。”
ピューレパール ケア ワキ